日本商工会議所の三村明夫会頭、経済同友会の桜田謙悟代表幹事は19日、東京都内で菅義偉首相とそれぞれ会談し、新型コロナウイルス対策について意見を交わした。三村氏は長引く緊急事態宣言で打撃を受けている中小企業への支援を要望、桜田氏は政府に情報発信力の強化を求めた。
 三村氏は、自粛要請の長期化で飲食・宿泊などのサービス業が「非常に疲弊している」と述べ、支援を継続するよう要請した。三村氏は会談後、記者団に「いつまで我慢したら経済活動が正常化するのか、希望を与えてほしいとお願いした」と語った。
 桜田氏は「ワクチンを受けた人で重症化する人は少ないということを分かりやすく伝えてほしい」と指摘。ワクチン接種が一段と進むような情報発信を求めた。 (C)時事通信社