先月下旬に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した阪急阪神百貨店の阪神梅田本店(大阪市)は20日、休業していた食品売り場を含む全館で営業を再開した。地下1階への入り口は1カ所を除いて閉鎖し、入店者数を確認。大阪府の要請に従い、客数を通常営業時の半数程度に制限する。 (C)時事通信社