公明党の石井啓一幹事長は20日の記者会見で、自身を含む与党幹部5人が17日に昼食をともにしたことについて「(新型コロナウイルスの)感染防止対策を万全に取り、参加者全員が2回ワクチンを接種していたので大丈夫だろうと思っていたところに油断があった」と述べた。その上で「大いに反省している。今後しっかり注意していきたい」と語った。 (C)時事通信社