政府は20日の閣議で、予備費93億円の支出を決定した。自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターについて、防衛関係費で賄っていた経費を補填(ほてん)する。プレハブやエアコンを設置した費用に加え、センターの設置期間延長に伴う経費などを盛り込んだ。 (C)時事通信社