東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、新型コロナウイルス対策の専門家会合を東京都内で開いた。感染拡大が続く中でパラリンピック開幕を24日に控え、岡部信彦座長(川崎市健康安全研究所長)は「場合によっては中止も含めて俎上(そじょう)に載せるべきだ」と述べた。
 都内を中心に感染しても入院できない患者が増えており、組織委の中村英正統括は「今の医療状況を見ると、厳しい中でのパラ開催にならざるを得ない」と述べた。専門家会合では複数のメンバーから同様の指摘があったとした。
 基礎疾患を持つパラアスリートは重症化のリスクも抱えている。中村氏は医療体制の確保に関して、「今の時点では病院の状況や、いつ重症患者が生じるかが分からない。一つ一つ迅速に対処する」として、明言しなかった。組織委は選手村などで選手と接触機会のある国内在住の大会関係者に対し、五輪期間中よりもコロナ検査の頻度を高める方向で検討する。
 児童生徒を対象に実施する「学校連携観戦」について、岡部氏は「もしやるなら安全にできるよう検証してほしい」と話し、会場との往復や応援方法など感染防止対策を徹底するよう求めた。 (C)時事通信社