松屋は20日、人工的に生成したダイヤモンドを使ったアクセサリーブランド「ENEY(エネイ)」を新設し、専用のオンラインストアをオープンさせた。人工ダイヤは鉱山開発や重労働が不要で、地球環境や人への負荷が少ない上、価格は天然ダイヤの2分の1から3分の1程度に抑えられるという。
 品ぞろえは、大ぶりなダイヤを使った指輪(約12万~35万円)や、半分にカットしたダイヤを使ったネックレス(約12万円)など。 (C)時事通信社