政府は20日、全国の小中高校で新学期の授業が本格化するのを前に、学校現場の新型コロナウイルス感染対策の強化に乗り出す方針を決めた。高校に加え、新たに小中学校にも抗原検査の簡易キットを配布。体調不良の児童生徒を早期に検査し、感染が急拡大するデルタ株の流行を食い止めたい考えだ。
 菅義偉首相と萩生田光一文部科学相ら関係閣僚が同日午後、首相官邸で学校の感染対策について協議。国として全国一斉休校を要請しない方針を改めて確認する一方、感染防止に向けた対策を徹底することで一致した。
 会合後、取材に応じた萩生田氏は抗原検査キットに関し、「公立小中学校については希望がなくてもこちらから一定の数をあらかじめ渡しておきたい」と明言。検査キットは高校で既に導入しているが、デルタ株は短期間でクラスター(感染者集団)化する恐れがあるため、発熱などの症状がある児童生徒を迅速に検査し、感染者を発見できるよう範囲を広げて配布する。
 このほか萩生田氏は、全国的に保健所の業務が逼迫(ひっぱく)していることから、学校で感染者が出た場合、学校側が濃厚接触者を速やかに特定し、対応することができる仕組みを構築する考えを示した。
 文部科学省は20日、全国の都道府県教育委員会などに対し、新学期を迎えるに当たり、教職員のワクチン接種促進など感染対策を徹底するよう求める通知を出した。 (C)時事通信社