菅義偉首相の9月末の任期満了に伴う自民党総裁選をめぐり、小泉進次郎環境相は20日の閣議後記者会見で「もう一度、闘う首相の良さを多くの方に感じていただけるような機会にしてほしい」と述べ、首相を支持する方針を明らかにした。
 小泉氏は「闘う首相の姿が今、伝わっていないというのは何とかしたい」とも語り、発信力の強化に向け助力する考えを示した。
 一方、河野太郎規制改革担当相は「ワクチン接種をしっかり進め、規制改革を進めるという今の仕事をしっかりやりたい」と述べるにとどめ、明言を避けた。
 西村康稔経済再生担当相は自らの立候補の可能性について「総裁選のことを考える余裕はない。何とか(新型コロナウイルスの)感染を抑えていけるように全力で取り組んでいきたい」と語った。 (C)時事通信社