田村憲久厚生労働相は22日のフジテレビの番組で、新型コロナウイルス対応の病床確保で補助金をもらいながら患者受け入れに消極的な医療機関があるとの指摘について、「あるとすれば問題だ。補助金の返還も含めて対応せざるを得ない」との考えを示した。
 厚労省は、新型コロナ対応で新たに病床を確保した医療機関に1床当たり最大1950万円を補助している。しかし、東京都では確保病床数と病床使用率の乖離(かいり)が大きいため、都と協力して実態調査を行う方針だ。 (C)時事通信社