日本産科婦人科学会などは23日、新型コロナウイルスに感染した妊婦が、自宅などでの療養時に救急車を呼ぶ必要がある症状の目安を作成した。千葉県の妊婦が自宅療養中に早産し、新生児が死亡した問題を受けてまとめた。息苦しさにより短い会話もできなくなった場合などを例に挙げており、ホームページで公開している。
 目安ではまず、1時間に2回以上の息苦しさを感じたり、トイレに行くときなどに息苦しさを感じたりした場合は、かかりつけの産婦人科医または保健所に連絡すべきだとした。1分間で心拍数110回以上または呼吸数20回以上になる▽血中酸素量を示す酸素飽和度が安静時でも93~94%から1時間以内に回復しない―場合も同様とした。
 さらに、息苦しくなり、短い文章の発声もできない場合は、すぐに救急車を要請するよう求めた。血中の酸素飽和度が92%以下になった場合も、同様の対応が必要とした。
 新型コロナに感染した妊婦をめぐっては、妊娠後期(28週以上)では重症化しやすいとの指摘がある。厚生労働省研究班の調査では、25週以上では、中等症IIと重症になるリスクが1.24倍に高まることが分かっている。 (C)時事通信社