日本電機工業会(JEMA)が23日発表した民生用電気機器(白物家電)の7月の国内出荷実績によると、出荷金額は前年同月比8.5%減の2490億円で、2カ月連続の前年割れとなった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり需要」が一巡したほか、昨年支給された特別定額給付金による販売増の反動が出たためとみられる。 (C)時事通信社