滋賀、広島両県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の発令を政府に要請したとそれぞれ発表した。
 滋賀県の三日月大造知事は記者会見で「医療崩壊に至らないよう、より厳しい措置が必要だ」と説明。広島県の湯崎英彦知事も会見で「さらに強い対策を早急に実施する必要がある」と述べた。 (C)時事通信社