富士通は24日、がん患者が栄養不足に陥るリスクを人工知能(AI)で予測するサービスの提供を目指し、大塚製薬工場(徳島県鳴門市)と国立がん研究センター、国立長寿医療研究センターとの共同研究を開始したと発表した。AIの予測で的確なタイミングで患者に栄養補給し、治療効果の向上につなげる考え。 (C)時事通信社