自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は24日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの軽症・中等症患者に対応するため、病床や宿泊療養施設を早急に整備するよう政府に要請することで一致した。「抗体カクテル療法」や酸素投与を行う施設の追加整備を求めることも確認した。
 終了後、会談に同席した自民党の森山裕国対委員長が首相官邸で加藤勝信官房長官に申し入れた。加藤氏は「政府を挙げて引き続き最大限の努力をし、国民の安心を一日も早く取り戻したい」と応じた。 (C)時事通信社