立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、新型コロナウイルス感染対策を協議するために野党が求めている臨時国会の早期召集に政府・与党が応じていないことについて、「この国民の窮状を見て、臨時国会をやらないというのは犯罪に近い。苦しむ国民は見捨てると宣言しているようなものだ」と厳しく批判した。国会内で記者団に述べた。 (C)時事通信社