新型コロナウイルスの軽症・中等症向けの点滴薬「抗体カクテル療法」について、外来診療での使用を認める検討を厚生労働省が始めたことが25日、分かった。これまでは入院患者などに使用を限っていたが、感染拡大で急増する自宅療養者に対応する。
 田村憲久厚労相は同日の衆院厚労委で、投与後の健康観察や容体悪化に対応できる医療機関などに限定するとした上で、「外来で使っていただけるよう早急に対応を進めていきたい」と述べた。 (C)時事通信社