新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、学校は新学期の時期を迎えた。政府は、抗原検査の簡易キットによる早期発見を対策の柱に位置付け、校内でのクラスター(感染者集団)発生を防ごうとしている。ただ、感染力が強いデルタ株が子どもに広がる懸念は払拭(ふっしょく)できず、関係者から不安の声が上がっている。
 政府は新学期に当たり、全国一斉の休校は求めず、各自治体の判断に委ねている。各地で夏休みを延長する動きもあるが、次第に学校が再開される見通しだ。そこで、政府は25日、9月上旬から全国の小中学校などに80万回程度の検査キットを配布する方針を表明。文部科学省によると、保護者が仕事で帰宅できないといった場合に、子どもが保健室で検査を受けられるようにする。
 ただ、インターネット交流サイト(SNS)上では、新学期を控えた教員から「もし検査で陽性が出たらどのように隔離すればいいのか」「検査は誰が行うのか」などの不安の声が以前から続出。現職教員らのグループは「キットだけ送られても対処のしようがない」と訴えている。
 デルタ株は、従来型よりも感染力が強いとされる。検査キットで感染者を見つけたタイミングで、すぐに封じ込められる保証はない。また、子どもを介して学校から家庭にウイルスが広がった場合、まだワクチン接種が済んでいない世代の親が重症化するリスクを抱える。
 政府関係者は「現状でワクチンを打つことができない年齢の子どもには、マスクや換気など基本的な対策と、検査での早期発見で感染拡大を防ぐしかない」と指摘。「教職員へのワクチン接種を加速することで、子どもへの感染経路を断ちたい」と強調した。 (C)時事通信社