【ビジネスワイヤ】循環器用医療機器大手の米アビオメッド(NASDAQ:ABMD)は、同社の心臓ポンプ「Impella(インペラ)・ECP」が米食品医薬品局(FDA)から画期的医療機器に指定されたと発表した。Impella・ECPは経皮的に挿入されて拡張する世界最小の心臓ポンプで、高リスクPCI(経皮的冠動脈形成術)に使用できる。今後、優先的な審査を受けることになる。(C)時事通信社