加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンから異物混入が報告されたことを受け、「大部分が大規模接種会場や職域接種会場に配布され、一部既に接種がなされている」と指摘した。その上で「健康被害等が発生したとの報告はなされていない」と語った。異物混入の原因はモデルナ社が調査しているとも明かした。
 政府は異物混入に伴い、計約163万回分の使用見合わせを発表。加藤氏は「接種への影響を最小限にするよう(国内で流通を担う)武田薬品工業と厚生労働省の間において対応が行われている」と説明した。 (C)時事通信社