中外製薬は26日のオンライン説明会で、新型コロナウイルスの抗体カクテル療法に関し、一般的な予防接種と同じ皮下注射や、感染前の注射による予防的な投与についても、厚生労働省に承認申請する方針を示した。奥田修社長は「資料を作成していて、当局といつ申請するか詰めている」と説明した。
 抗体カクテル療法は、米国では皮下注射や濃厚接触者に対する予防投与についても緊急使用許可が下りているが、日本では感染者に対する点滴投与のみが承認されている。皮下注射が可能になれば外来での処方が容易になるほか、予防投与では感染拡大の抑制も期待される。 (C)時事通信社