【パリ時事】米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物の混入が確認された問題で、製造を受託したスペインの製薬会社ロビは26日、原因について「現在調査中だ」と明らかにした。混入は日本向けワクチンの一部だけとみられるという。ロイター通信が報じた。
 ロイターによると、ロビは米国以外に納入されるワクチンの充填(じゅうてん)作業など最終工程を担当。工場での作業は停止していないという。 (C)時事通信社