西武の山川穂高内野手と森友哉捕手が26日、「感染拡大防止特例2021」により出場選手登録を抹消された。球団によると、山川の個人マネジャーが同日、新型コロナウイルスの陽性判定を受け、両選手が濃厚接触者となる疑いがあるため。
 山川と森は26日にPCR検査を受け、ともに結果は陰性だった。 (C)時事通信社