政府は27日の閣議で、2021年度予算に計上した新型コロナウイルス対策の予備費(5兆円)について、計1兆4226億円の追加支出を決めた。このうち、厚生労働省が所管するワクチンや治療薬確保などに1兆1029億円を充てるほか、雇用維持や困窮者支援の費用を計上する。
 コロナ予備費では、これまでにワクチン購入など計1兆120億円の支出を決定。今回の追加支出で残りは2兆5654億円となる。
 野党は自民党総裁選前に臨時国会を開き、予備費を積み増すための補正予算を成立させるよう要求。これに関し、麻生太郎財務相は27日の閣議後記者会見で「直ちに補正予算で積み増す必要があるとは考えていない」と述べた。 (C)時事通信社