萩生田光一文部科学相は27日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う部活などの課外活動や運動会、修学旅行について「中止を前提とするのではなく、実施の可能性を模索してほしいという気持ちは変わらない」と述べ、全国一律に中止とすることを改めて否定した。
 新学期の授業が本格化しつつあることを受け、各自治体では部活の休止や学校行事の見送りが相次いでいる。萩生田氏は運動会や修学旅行について「今の感染状況を考えると(各自治体の判断は)やむを得ない」と理解を示しつつも、「子どもにとって思い出に残る学習機会。安易に中止ではなく、まずは延期を考えてもらいたい」と強調。旅行のキャンセルや延期に伴う財政支援を引き続き行う考えを示した。 (C)時事通信社