【ビジネスワイヤ】製薬企業の豪ノクソファーム(ASX:NOX)は、同社の抗がん剤治験薬「ビヨンダ」の抗炎症作用を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者で検討するNOXCOVID第1相臨床試験について、中間トップラインデータを発表した。データから中等症の同患者に対する抗炎症作用が示された。TBK1(TANK結合キナーゼ1)阻害剤のビヨンダは免疫刺激と抗炎症の作用を持つ抗がん剤で、第2相臨床試験も実施中。(C)時事通信社