田村憲久厚生労働相は27日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスに感染した妊婦について、診療報酬を加算する「ハイリスクな妊婦」の対象に追加すると発表した。同日から適用し、出産に対応する医療機関に対し1日当たり3万2000円を加算する。
 千葉県柏市で、感染した妊婦の入院先が見つからずに自宅で早産し、新生児が死亡した問題を受けた。田村氏は「妊婦がコロナになると医療機関としても対応が大変なので、しっかり報酬で評価する」と述べた。 (C)時事通信社