東京都の小池百合子知事は27日の定例記者会見で、カジノを含む統合型リゾート(IR)について、都への誘致の是非に関する検討作業を新型コロナウイルス対応のため休止していることを明らかにした。
 都はIRのメリットとデメリットを総合的に検討する立場で、毎年度、調査費1000万円を当初予算で確保している。小池氏は会見で「対応は変わっていない」と強調した。 (C)時事通信社