第103回全国高校野球選手権大会の大会本部は27日、準決勝に進出した近江(滋賀)、智弁和歌山(和歌山)、智弁学園(奈良)、京都国際(京都)の選手、監督、練習補助員らに新型コロナウイルスのPCR検査をした結果、全員の陰性が確認されたと発表した。 (C)時事通信社