厚生労働省は27日、新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の人が、全国で11万8035人(25日時点)に上ったと発表した。10万人を超えるのは初めて。1カ月前(7月28日時点、1万8927人)の6倍に膨らんだ。
 集計ミスで数値を精査している埼玉県分が含まれておらず、実際の人数はさらに多い。
 同省によると、コロナで療養中の人は計19万2673人で、このうち入院中が2万4247人、宿泊療養者が1万9937人。入院が必要と判断されたものの調整中が2802人だった。
 埼玉を除く都道府県別で見ると、自宅療養者の最多は東京都で2万5045人。神奈川(1万5203人)、大阪(1万4732人)、千葉(1万560人)と続いた。
 自宅療養中に体調が急変する患者もおり、深刻な病床逼迫(ひっぱく)で入院できないまま自宅で死亡するケースも相次いでいる。 (C)時事通信社