日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は28日、幕内の逸ノ城が新型コロナウイルスに感染したと発表した。鼻水などの症状があり、27日にPCR検査を受けたところ、陽性反応が出た。 
 逸ノ城は、23日から4日間行われた合同稽古に出席。稽古に参加した力士は28日の検査で全員が陰性だったという。芝田山広報部長は「油断はできないので、2日くらいしてからもう一回、検査を受ける予定」と述べた。
 所属する湊部屋では、逸ノ城のほか、濃厚接触者とされた2人が検査中で隔離。他の部屋所属員は全員陰性だった。芝田山広報部長は秋場所(9月12日初日)の出場について、「今の状況でいけば、十分に間に合う」との認識を示した。(C)時事通信社