落語家の三遊亭多歌介(さんゆうてい・たかすけ、本名栗原史郎=くりはら・しろう)さんが27日午後2時40分、新型コロナウイルス感染症のため死去した。54歳だった。東京都出身。落語協会が29日発表した。葬儀は未定。
 多歌介さんは1983年に三代目三遊亭円歌に入門。89年に二つ目に昇進し、「三遊亭歌風」を襲名。98年、真打ちに昇進して多歌介に改名した。 (C)時事通信社