沖縄県の大規模接種会場で、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンから異物が見つかった問題で、厚生労働省は29日、ワクチンを注射器に詰める準備作業時に、瓶のゴム栓の一部が混ざった可能性が高いとする調査結果を明らかにした。同省は、同じ製造番号のワクチンの品質に問題はないとしている。
 厚労省によると、沖縄県では27、28日に5件の異物混入が判明。国内で流通を担う武田薬品工業が調査した結果、いずれも注射器の針を刺してワクチンを詰める前には瓶に異物がなかったことが確認された。このため、針を刺した際に瓶のゴム栓が削られた可能性が高いという。
 ゴム栓に斜めに針を刺したりすると起きる現象で、米ファイザー製ワクチンでも発生したことがあり、厚労省が注意を呼び掛けていた。 (C)時事通信社