【イスタンブール時事】イスラエルは29日、新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3度目の追加接種について、対象年齢を同日から12歳以上にまで拡大した。2度目の接種を終えてから5カ月以上たっていることが条件となる。
 ベネット首相は声明で「3度目のワクチンは機能している。重症罹患(りかん)率の増加が緩やかになり始めた」と指摘。市民に対し、追加接種を速やかに受けるよう呼び掛けた。 (C)時事通信社