加藤勝信官房長官は30日の記者会見で、1回目と2回目で異なる種類の新型コロナウイルスワクチンを接種する「異種混合接種」について「有効性、安全性に関するデータは十分に得られておらず、積極的に推奨する状況にはない」との認識を示した。その上で、情報収集を継続する必要性を強調した。 (C)時事通信社