福井市の中央公園で28日夜、隣接するホテルの外壁に映像を投影する映画上映会が開催され、100人以上の家族連れや若者が訪れた。新型コロナウイルス感染予防のため、近隣の小学校にのみ開催を告知。来場客は芝生にマットを敷き、他の客との距離を保ちながら、野外での映画鑑賞を楽しんだ。
 上映されたのは「ルパン三世 カリオストロの城」。1979年に公開された作品で、主催した「公共空間利活用実行委員会」の前田健児さん(38)は「子どもも大人も楽しめる作品を選んだ」と話した。
 実行委は上映会を年1回程度実施しており、今回で4回目。コロナ禍で夏休みのさまざまな行事が見合わせとなる中、前田さんは「子どもたちの夏休みの思い出づくりになれば」と期待していた。 (C)時事通信社