【北京時事】中国国家新聞出版署は30日、18歳未満の未成年によるオンラインゲームのプレー時間について、9月1日から金、土、日の各曜日と祝日の各1時間に制限すると発表した。祝日のない週では、週3時間のみが認められることになる。IT業界に対する規制強化が進む中、急成長を続けてきたゲーム企業にとって新たな逆風となるのは確実だ。
 中国は2019年に未成年のプレー時間を休日3時間、それ以外は1時間半に制限したが、新聞出版署は「未成年の心身の健康を守る」として、プレー時間をさらに短縮し、対象日の午後8時から9時までの1時間に限定するようゲーム企業に要求。利用者の実名登録を強化することも求めた。 (C)時事通信社