自民党新型コロナウイルス感染症対策本部の下村博文本部長らは31日、菅義偉首相と首相官邸で会談し、新型コロナ対策の緊急提言書を手渡した。個人の行動制限に関する国民的議論の喚起や抗体カクテル療法に対応した「野戦病院」の整備などを求めた。会談後、下村氏は記者団に「(首相は)前向きな反応だった」と述べた。
 提言では、国民の自粛疲れも指摘される緊急事態宣言などについて、「要請に応じる者とそうでない者との間の不公平感も高まっている」と指摘。個人への外出禁止命令や事業者への罰則強化に関し、「法改正も含めた国民的議論を進めるべきだ」と強調した。 (C)時事通信社