東京都医師会の尾崎治夫会長は31日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大により医療提供体制が逼迫(ひっぱく)していることを踏まえ、「治療ができるような中等症向けの臨時医療施設を、ぜひいくつか作っていただきたい」と述べた。
 感染拡大が続いている都内では、入院患者数、重症患者数ともに高い水準にある。尾崎氏は入院治療できる環境をつくって、重症化を防ぎたい考えを示した。 (C)時事通信社