日本相撲協会は1日、横綱白鵬が所属する宮城野部屋の十両北青鵬が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。風邪のような症状が出て、同日に検査を受けた。
 協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「北青鵬は部屋に住んでいるので、みんなが濃厚接触者にあたるのではないかと思う」と述べた。12日には秋場所初日を迎えるが、感染者が増えれば部屋の全力士が休場する可能性もあるという。 (C)時事通信社