SUBARU(スバル)は1日、群馬製作所(群馬県太田市)の3工場について、7日から10日までの4日間、稼働を停止すると発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大で、部品の調達に支障が出ているため。稼働停止による影響台数は明らかにしていない。
 操業を止めるのは、同製作所で完成車を製造する本工場と矢島工場(同)、エンジンなどを生産する大泉工場(同県大泉町)。再開は13日を予定しているという。 (C)時事通信社