先ごろ、自宅で療養中の糖尿病を有する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者が、糖尿病性ケトアシドーシスを来し死亡したことが報じられた。これを受け、日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は8月27日、医師と糖尿病患者の双方にシックデイ対策を行うよう、公式サイトで呼びかけた。

シックデイ対策不十分で危険の回避を

 COVID-19流行拡大に伴い、地域の保健所や医療機関が逼迫する事態に陥っている。そのため宿泊施設または自宅での療養を余儀なくされたCOVID-19患者は少なくない。

 そのような中、糖尿病を有するCOVID-19患者が自宅療養中に糖尿病性ケトアシドーシスを来して死亡した。このニュースは大きく報じられ、以降も糖尿病を有するCOVID-19患者の死亡事例が続いている。

 同学会および同協会は、現時点では全ての医療機関で必ずしもCOVID-19に対し十分な対応ができているとは限らないとした上で、糖尿病診療を行っている医師に向けて「少なくとも糖尿病患者さんへのシックデイ対策が不十分なことで、患者さんを危険にさらすことは避けなくてはなりません」と強調。シックデイ対策を患者にあらためて指導するよう求めている。

 その一方で2型糖尿病患者に対しては、一般的なシックデイ対策として、食事量が半分以下であれば投薬を減量し、特に発熱、下痢などによる脱水がある場合はメトホルミンやSGLT2阻害薬を休薬すると説明。1型糖尿病患者については、食事が取れなくてもインスリン注射を完全に中断しないよう注意を呼びかけている。

 シックデイの管理には個別の対応が求められる。どのようにシックデイに対応すべきかについて、糖尿病患者はかかりつけ医の指示をまず受けるよう促している。

(田上玲子)