名古屋市は1日、河村たかし市長(72)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。河村氏は、先月29日に特別秘書の田中克和氏(37)の感染が判明したため自宅で待機し、31日にPCR検査を受けていた。発熱などの症状はなく現在、自宅で療養している。すでに2回のワクチン接種は終えていた。
 市によると、河村氏が最後に市役所に登庁したのは先月27日。市職員に濃厚接触者はいないという。
 河村氏は「ご心配をお掛けいたしております。当面の間、副市長としっかりと連携しながら、リモートにて公務を行ってまいります」とのコメントを出した。 (C)時事通信社