国連児童基金(ユニセフ)は1日、北朝鮮が中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の新型コロナウイルスワクチン約300万回分の供給を拒否したと明らかにした。北朝鮮はコロナ感染者の公式の報告はないが、国境封鎖や国内の移動制限など厳しい規制を敷いている。
 ユニセフは、低所得国へワクチンを支援する国際枠組み「COVAX(コバックス)」の供給を管理している。北朝鮮は、苦しんでいる国にワクチンが行き渡らない世界の問題点を指摘し、感染拡大がより深刻な国に回すべきだと回答した。 (C)時事通信社