スズキは2日、国内の4工場に関し、月内に最長5日間稼働を停止すると発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大で、ベトナムなどからの部品調達が滞っているため。
 国内の四輪・二輪車の全生産拠点。小型車「スイフト」などを造る相良工場(静岡県牧之原市)では、計5日間稼働を止める。このほか磐田工場(同県磐田市)は2日間、湖西工場(同県湖西市)と浜松工場(浜松市)は1日いずれも生産を取りやめる。これに加え、磐田工場では3日間、湖西工場の一部では10日間それぞれ夜勤を行わない。 (C)時事通信社