片岡剛士日銀審議委員は2日記者会見し、2%の物価安定目標を早期に実現するため「強力な金融緩和を行っていきたい」と述べ、一段の緩和策が必要との考えを改めて示した。その上で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた足元の経済状況を踏まえ、「より思い切った政策を取っていく必然性は増している」と強調した。
 金融政策の運営に当たっては、「(世界的に)財政政策との関わりが非常に重要になってきている」と指摘。コロナ収束後の日本経済を再び成長させるためには、「財政・金融政策、成長政策の連携を強化し、それぞれが役割を果たしていくことが重要だ」と語った。 (C)時事通信社