東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、パラリンピック出場のため海外から来日した選手1人が、新型コロナウイルスに感染して8月31日に入院したことを明らかにした。重症ではないという。五輪を含めて、来日して14日以内の選手がコロナの症状で入院したのは初めて。
 当該選手は東京・晴海の選手村に滞在し、8月25日に陽性が確認されていた。 (C)時事通信社