【ワシントン時事】米商務省が2日発表した7月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの輸出は前月比1.8%増の1485億9200万ドル(約16兆3500億円)と、単月で過去最大となった。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済再開を背景に、世界各地で景気回復が進んだことが寄与した。
 過去最大を記録した消費財や産業用資材が輸出をけん引。輸入は1.2%減の2363億1400万ドルだった。輸出入いずれもコロナ危機前の水準を既に取り戻している。モノとサービスを合わせた全体の貿易赤字は4.3%減の約701億ドル。 (C)時事通信社