【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮労働党は2日、政治局拡大会議を開き、新型コロナウイルス対策などについて協議した。金正恩総書記は「世界的な大流行が抑えられず拡散を続ける危険な状況は、国家的な防疫対策をさらに強化することを求めている」と述べ、一層緊張感を持って取り組むよう指示した。変異株が次々と現れる状況を念頭に置いているとみられる。朝鮮中央通信が3日、伝えた。 (C)時事通信社