菅義偉首相(自民党総裁)が3日、同党総裁選への不出馬の意向を表明したことを受けて、立憲民主党の枝野幸男代表は国会内で記者団に「甚だ怒りを持って受け止めている。首相も無責任だし、こうした状況をつくり上げた自民党にもはや政権を運営する資格はないと言わざるを得ない」と批判した。
 共産党の小池晃書記局長も取材に「新型コロナウイルス感染の局面で首相を投げ出すという事態をつくったことは自民党全体の共同責任だ。今後、誰が首相になってもその責任を問われる」と語った。
 国民民主党の玉木雄一郎代表はコメントで「コロナ対策の最高責任者の辞意表明は異常事態だ。失敗の責任を取った形だ」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も記者団に「全くコロナ問題に対応できなかった。責任が取れないから逃げるのか」と憤った。 (C)時事通信社