田村憲久厚生労働相は3日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校で仕事を休まざるを得ない保護者を支援する助成金制度について、保護者個人で申請できる仕組みを検討する考えを明らかにした。申請できるのが企業など事業主に限られ、使いにくいとの指摘が出ていた。
 田村厚労相は「個人で申請していただける分も含め、必要な対応をしていかなければならない」と述べた。多くの小中学校で新学期が始まったことも踏まえ、早急に制度を見直す。 (C)時事通信社